保証人・身元引受人は必要?老人ホームに関する豆知識

老人ホームに入居するのには、基本的には保証人が必要です。

何故、必要かというと入居に関する手続きを本人が出来なくなってしまった場合行う人が必要だからです。

また、入居するには費用がかかりますが本人の支払い能力が無くなったら代わりに支払うのも保証人の役目です。

では、保証人がいない場合、絶対に入居することは出来ないのでしょうか。

最近では生涯独身の人や、子供を持たない単身者が増えてきています。

保証人は親族が引き受けるケースが一般的なのでそういった方々はなかなか見つかりません。

殆どの老人ホームで保証人が必要ですが、「家賃債務保証」などの代替手段がある老人ホームも多くありますので、不安な方は一度施設に相談してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 入居を断られたらどうする!?老人ホームに関する豆知識

  2. 看取り介護とは?老人ホームに関する豆知識

  3. 【用語集】住宅型有料老人ホームとは??知っておきたい豆知識

  4. 在宅介護と施設介護は何が違うの?

  5. 入居できないケースとは?老人ホームに関する豆知識

  6. 【用語集】ナイトケアとは??知っておきたい豆知識