在宅介護と施設介護は何が違うの?

在宅介護では介護を必要とする人と最も長い時間接する人が、介護を完璧に行おうと思い、神経が疲弊してしまうということが起こります。

でも在宅看護の良いところはなんといっても費用が安いということです。

介護される側はまったくの他人より身内のほうが気持ちに余裕がありますし、住み慣れた環境で暮らせるのはうれしいものです。

一方施設介護では医療従事者や介護の専門スタッフが24時間体制でケアを行ってくれるということです。

要介護の状態も重くなると夜間に体の位置を変えたり、経営栄養や吸引という専門的な知識が必要になることがあります。

このようになったとき施設介護なら安心して任せることが出来ます。

施設介護はお金はかかりますが、家族のストレスは無くなります。

関連記事

  1. 身体状況の判断方法は?老人ホームに関する豆知識

  2. 【用語集】高齢者向け優良賃貸住宅とは??知っておきたい豆知識

  3. 食事制限・偏食がある人も入居できる?老人ホームに関する豆知識

  4. 1人で二部屋借りることはできる?老人ホームに関する豆知識

  5. 【用語集】地域密着型サービスとは??知っておきたい豆知識

  6. 老人ホームの差し入れで注意すべきポイントとは?