老人ホームの種類はこんなに!どうやって選べばいいの?

老人ホーム選びでまず考えるべきことは「入居者にとって必要なことは何か」ということでしょう。

分かりやすいところでは、介護サービスや医療サービスが必要な場合は、老人保健施設などの医師・看護師の配置義務がある施設であれば、安心して入居させることができます。

現時点で介護が必要ない自立型の場合は、「住みやすさ」で考えるといいでしょう。

例えば、集団生活が苦手な方の場合は個室で生活できた方が良く、逆におしゃべり好きな方にはグループでの生活の方が楽しい生活になるはずです。

老人ホームは様々な種類がありますが、入居する前に無料で見学できる施設もあったり、どうしてもなじめない場合はクーリングオフ制度で一時金などの返還もありますので、事前に確認しておいた方がいいです。

関連記事

  1. 【老人ホーム】体験入居はどこまで出来る?費用はいくら?

  2. 【老人ホーム】トラブル回避のためにチェックしておくべき3つのこと

  3. 入居までの手順は?意外と時間がかかる老人ホーム契約

  4. 何歳から入居する?老人ホーム利用者の平均年齢を調べてみた!

  5. 【老人ホーム】レクリエーションは何のため?意外と知らない驚きの効果

  6. 話題の介護ロボット!老人ホームでどう活躍してくれる?