話題の介護ロボット!老人ホームでどう活躍してくれる?

介護の現場は重労働であるにもかかわらず、慢性的な人材不足の状態に陥っています。

施設で働いているスタッフは、精神的・身体的な負担を抱えているのが実情です。

老人ホームに必要な支援が行えるロボットがあれば、介護者のケアに役立てることができるため、人材不足の悩みなどが解消できる可能性があります。

また、介護ロボットには、「移乗支援」や「移動支援」、「機能訓練支援」などのさまざまな種類があるので、介護者の状態に応じて必要なものを導入することがポイントです。

ただし、なかには「ロボットに世話をしてもらうのは嫌だ」と考える人もいるのが現実です。

そのため、それぞれの現場のニーズを把握したうえで、介護ロボットを導入していくことが求められます。

関連記事

  1. 愛犬と一緒に暮らせる!?老人ホームの”今”とは?

  2. 何歳から入居する?老人ホーム利用者の平均年齢を調べてみた!

  3. 入居までの手順は?意外と時間がかかる老人ホーム契約

  4. 50代から老人ホーム。そのケースや気になる費用とは?

  5. 【老人ホーム】体験入居はどこまで出来る?費用はいくら?

  6. 【老人ホーム】レクリエーションは何のため?意外と知らない驚きの効果

  1. 老人ホームの種類はこんなに!どうやって選べばいいの?

    2020.01.21

  2. 話題の介護ロボット!老人ホームでどう活躍してくれる?

    2020.01.21

  3. 【老人ホーム】トラブル回避のためにチェックしておくべき3つのこと

    2020.01.21

  4. 何歳から入居する?老人ホーム利用者の平均年齢を調べてみた!

    2020.01.21

  5. 50代から老人ホーム。そのケースや気になる費用とは?

    2020.01.21

  6. 【老人ホーム】体験入居はどこまで出来る?費用はいくら?

    2020.01.21

  1. 【広島】老人ホーム・介護施設の選び方は?地域ならではのポイント3…

    2020.01.21

  2. 【名古屋】老人ホーム・介護施設の選び方は?地域ならではのポイン…

    2020.01.21

  3. 【東京23区】老人ホーム・介護施設の選び方は?地域ならではのポイ…

    2020.01.21

  4. 【大阪】老人ホーム・介護施設の選び方は?地域ならではのポイント3…

    2020.01.21

  5. 【福岡】老人ホーム・介護施設の選び方は?地域ならではのポイント3…

    2020.01.21

  6. 【札幌】老人ホーム・介護施設の選び方は?地域ならではのポイント3…

    2020.01.21

関連リンク

  • 礼服喪服レンタル110番

    簡単な申し込みと前払いの入金だけで、最安で5000円弱から礼服と喪服がレンタルできるサービス『礼服喪服レンタル110番』。通常のデザインだけでなく、夏用の涼しいスーツや黒のワンピースもありますので、オールシーズンで頼りになるレンタルサービスです♪

    www.rakuten.ne.jp/