【老人ホーム】レクリエーションは何のため?意外と知らない驚きの効果

老人ホームでは、さまざまな種類のレクリエーションが行われています。

具体的にはクイズやゲーム、折り紙、合唱などが挙げられます。

これらを行うとさまざまな効果が得られるといわれています。

まず、コミュニケーションの活性化です。

年を重ねて室内にこもりがちになると、他者と会話をする機会が減ってきます。

そのため、ゲームなどを行えば自然とコミュニケーションをとることができるようになるのです。

また、折り紙などは手先を使って作業を行うため、脳の活性化なども期待できます。

作ったものをプレゼントすると喜ばれることも多く、これも楽しみのひとつといえるでしょう。

レクリエーションの種類は幅広いため、老人ホームで行う場合は個人の趣味なども考慮することが大切です。

関連記事

  1. 何歳から入居する?老人ホーム利用者の平均年齢を調べてみた!

  2. 愛犬と一緒に暮らせる!?老人ホームの”今”とは?

  3. 【老人ホーム】体験入居はどこまで出来る?費用はいくら?

  4. 話題の介護ロボット!老人ホームでどう活躍してくれる?

  5. 入居までの手順は?意外と時間がかかる老人ホーム契約

  6. 50代から老人ホーム。そのケースや気になる費用とは?