【老人ホーム】体験入居はどこまで出来る?費用はいくら?

老人ホームを見学したあと即座に入居するのが不安なら、体験入居の利用をおすすめします。

見学だけではわからなかった施設内の環境やサービス、他の入居者さんとの交流をはじめ、騒音や臭い、施設内での活動範囲や使いやすさなど、体験入居を通してはじめてわかる要素がたくさんあります。

体験入居では食事のメニュー、入浴や運動等といったサービス内容も実際のものと同じです。

食事やお風呂、トイレの介助やリハビリなどを直に体験することができるので、より入居後の生活のイメージが掴みやすくなるでしょう。

期間は数日から1週間程度の施設が多くなっています。

気になる費用ですが、体験入居には介護保険が適用されないため自己負担です。

また入居金は不要なものの、申込金がかかる施設もあります。

関連記事

  1. 【老人ホーム】レクリエーションは何のため?意外と知らない驚きの効果

  2. 老人ホームの種類はこんなに!どうやって選べばいいの?

  3. 愛犬と一緒に暮らせる!?老人ホームの”今”とは?

  4. 【老人ホーム】トラブル回避のためにチェックしておくべき3つのこと

  5. 入居までの手順は?意外と時間がかかる老人ホーム契約

  6. 50代から老人ホーム。そのケースや気になる費用とは?