何歳から入居する?老人ホーム利用者の平均年齢を調べてみた!

老人ホームの入居は、ほとんどの施設で60歳もしくは65歳以上と決められていることが多く、特別養護老人ホームと呼ばれるタイプの施設では、原則65歳以上とされていることがほとんどです。

例外としては、60歳以下であっても若年性認知症や傷害などにより介護認定を受けている場合は受け入れ可能な施設もあります。

平均年齢は、施設のタイプによって異なりますが、住宅型や介護付きの場合は80歳前後、介護度の比較的高い施設の場合は、90歳以上とされています。

近年では、早期リタイア後に悠々自適の生活を求めて入居する人もいます。

この場合は、60歳以下でも受け入れ可能になっているマンションタイプやリゾート式と呼ばれる自立型の施設が人気が高いです。

関連記事

  1. 要介護5はどんな状態を指す?知っておくべき老人ホームのこと

  2. 【老人ホーム】体験入居はどこまで出来る?費用はいくら?

  3. 50代から老人ホーム。そのケースや気になる費用とは?

  4. 老人ホームの種類はこんなに!どうやって選べばいいの?

  5. 愛犬と一緒に暮らせる!?老人ホームの”今”とは?

  6. 入居までの手順は?意外と時間がかかる老人ホーム契約